2017年9月12日火曜日

FM OSAKA LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 9/12クイズのヒント

今月、23日は秋分の日
でも土曜日なのでなんか損した気分です。
ちなみに去年は9月の22日です。

年によって日にちが違うって不思議ですよね?
そこで今日のクイズ
いったい何を基準に「秋分の日」「春分の日」は
決められているのでしょうか?

よく「暑さ寒さも彼岸まで」なんていうので
気温によって決められているのかな?

いやいや、もしかしたらご先祖様のいる天国、月の満ち欠けなんかが基準になっているの?

実はそもそも彼岸というのは太陽が沈む真西を指すようです。
そうです、この「秋分の日」「春分の日」は
太陽が真東から昇って、真西に沈む日なのです。
そうか、太陽が基準なのですね。

是非今年はそんな真西の彼岸におられる
ご先祖様にお供えをしてください。

上野砂糖の「お供えお砂糖」をお供えすれば
きっとご先祖様やご家族の方にも喜ばれるはずですよ。


2017年9月5日火曜日

「栄養と料理」9月号に災害備蓄用 焚黒糖が掲載されました!

 女子栄養大学出版部発行の「栄養と料理」9月号に上野砂糖の「災害備蓄用 焚黒糖」が掲載されました!

 甲南女子大学名誉教授で災害食にもお詳しい奥田和子先生が連載する「コマゴメ防災新聞」のコーナー(P62-63)に、奥田さんのお気に入り備蓄品としておやつの欄に上野砂糖の「災害備蓄用 焚黒糖」を写真付きでご紹介頂きました。
「栄養と料理」は全国の書店で販売されてますので、是非一度ご覧ください!

女子栄養大学出版部「栄養と料理」WEBサイト
http://www.eiyo21.com/eiyo/eiyo.shtml

上野砂糖 「災害備蓄用 焚黒糖」
http://osatou.com/product/domestic/saigai_kotubu100.html

2017年9月4日月曜日

沖縄黒糖フェアin近江に多数のご来場ありがとうございました!

 夏休み最終の土日、平成29年8月26日~27日におうみ冨士農業協同組合ファーマーズ・マーケットおうみんちで開催された沖縄黒糖フェアin近江に多数のご来場ありがとうございました。

 今回上野砂糖は、沖縄県黒砂糖協同組合様主催の沖縄黒糖フェアにお誘い頂き、沖縄黒糖と一緒に沖縄黒糖を贅沢に使用した上野焚黒糖黒糖みつなどを販売。会場限定で販売した焚黒糖を使用した「黒糖かりんとう」は初日に完売!9月1日の防災の日に絡めて販売した「災害備蓄用 焚黒糖」も多くの方々にお買い求め頂きました。本当にありがとうございました。
 
 沖縄黒糖ブースでは沖縄黒糖を製造する八つの島の黒糖が勢
ぞろい!お客様は島ごとに味の違う黒糖の試食行い、お気に入りの黒糖をお買い求め頂いておりました。
また会場内では琉球國まつり太鼓の演武や、沖縄民謡のライブもあり滋賀県なのに会場内は一気に沖縄色に染まりました。
多数のご来場、お買い上げ本当にありがとうございました!

 上野砂糖では秋から冬にかけて多数のイベントに参加します。
イベント詳細が決まり次第、上野砂糖ホームページなどで告知して参りますので、頻繁に上野砂糖ホームページをチェックしてください!

2017年8月31日木曜日

9月1日は『防災の日』です。

現在の防災の日(91日)の由来は、関東大震災の恐ろしい
災害の経験を忘れないように制定されました
防災の日の意義をしっかりと考えて、災害に対して改めて
危機感を持つ必要性があります。
 
備蓄食料は、最低でも3日分が必要です。
 
平成233月に発生した東日本大震災では物流の混乱等により、
満足に食料を調達できたのが発災後3日目以降という地域があり、
また、電気の復旧に1週間以上、水道の復旧に10日以上の時間を
要した地域もありました。
さらには、新型インフルエンザ等の新型感染症発生時には、感染
拡大防止の観点から、不要不急の外出は控えることも重要です。
こうした事態に備えるため、日頃から最低でも3日分、出来れば1週間分
の家庭での食料品備蓄に取り組むことが望まれます。
そのため、日頃から家庭やオフィスにも災害対策として非常食を備蓄して
おくことが重要です。
 
そこで今回は、備えておきたい災害備蓄用 上野焚黒糖(加工黒糖)をご紹介します。
 
災害備蓄用 焚黒糖(加工黒糖)100g
 
◇ 焚黒糖が備蓄にお勧めの理由 ◇ 
 
 
長期保存ができ、水なしで食べられるため備蓄向きです。
国産原料を100%使用していて、品質が安定しているため、腐敗を
心配する必要がなく、常温で保存できるので備蓄用をしてお勧めです。

いつでも手軽なエネルギー源です。
焚黒糖はひとくちサイズで手軽に摂れる「脳と体のエネルギー源」です。
特に、脳の栄養の素である「ブドウ糖」を効率良く摂る事ができる上、
焚黒糖に含まれるミネラル分も一緒に補給できます。
また、筋肉や肝臓に含まれている「グリコーゲン」が分解されて
エネルギーとして使われた際にも、お砂糖は無くなってしまった「グリコーゲン」を
取り戻して疲労を回復させる働きがあります。

子供からお年寄りまで安心して食べられます。
焚黒糖は、お年寄りから子供まで食べやすい味に仕上げています。
年齢を問わず、「甘いものは安全で、必要なエネルギー源である」と
認識され、安心して食べられる食品であるといえます。
また、当社工場ではアレルギー表示義務対象食品は一切使用しておりませんので、
安心してご賞味いただけます。

  


◎最寄りの販売店でのご購入の場合
商品名等確認の上、お近くの店舗
 (量販店、スーパー、ドラッグストア等)にて 
お買い求め下さい。

◎ホームページ(オンラインショップ)でのご購入の場合 
「近くに販売店がない」、「忙しくてお店に行けない」という方も、
専用通販サイトからお気軽にご注文いただけます。


http://uenosugar.be.shopserve.jp/index.html


 

2017年8月23日水曜日

沖縄黒糖フェアin近江に上野砂糖が出店します!

 平成29年8月26日(土)、27日(日)に滋賀県守山市にあります「JAファーマーズマーケット おうみんち」にて開催される沖縄県黒砂糖協同組合様主催の「沖縄黒糖フェアin近江」に上野砂糖も出店させて頂きます。

 上野砂糖では沖縄黒糖を贅沢に使用した焚黒糖の販売はもちろん、黒糖みつ、沖縄黒糖入りの角砂糖「黒かく」、防災安全協会より防災製品として認証を受けた「災害備蓄用 焚黒糖」などの販売を予定しております。

 本イベントでは全8島の沖縄黒糖が勢ぞろい!ステージでは琉球國まつり太鼓の演武や沖縄民謡のライブなどもあり盛りだくさんの2日間です。
ぜひ「JAファーマーズマーケット おうみんち」で開催される「沖縄黒糖フェアin近江」にお立ち寄りください。

イベント詳細に関しては沖縄県黒砂糖協同組合WEBサイトをご確認ください。
http://www.okinawa-kurozatou.or.jp/news/release/00059


日時:平成29年8月26日(土)、27日(日)の2日間
    両日とも10:00~17:00

場所:JAファーマーズマーケット おうみんち
    滋賀県守山市洲本町2785
    TEL077-585-8318

おうみんちWEBサイト
https://life.ja-group.jp/farm/guide/shop01/

2017年8月22日火曜日

FM OSAKA LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 8/22クイズのヒント

暑い日が続いていますが
熱中症などには気を付けたいものです。

そんな熱中症対策にも
スポーツドリンクなど活用されている方も多いのではないでしょうか?

でも、味は甘いのに
「カロリー0」なんて表示の商品も最近は多くみられますよね。

でも、どうしてでしょう?
お砂糖以外の甘い何かが原料に使われているのかな。

皆さんは人工甘味料ってご存知ですか?
そんなスポーツドリンクや缶コーヒーなどでも
原材料の表示に
「アスパルテーム」や「アセスルファムK」、「スクラロース」
なんて文字をご覧になられませんでしょうか?

実はこれらはお砂糖の何倍も甘いので
ほんのわずかな量であの甘さを出せるのです。

でも
お砂糖ではないので、エネルギー源としても必要な
「ぶどう糖」などの成分は含まれていません。
体自体は糖が摂取されていないと感じて
より糖分をほかから吸収しようと体が働いて
むしろ太りやすくなるなんて可能性も指摘されています。
また、人工甘味料の強い甘みになれると
甘みに対する感覚が鈍感になってしまう可能性も指摘されています。
(砂糖類・でん粉情報2017年6月号より)

そうなんです。
実はこれらの人工甘味料は
お砂糖の10倍や50倍なんてレベルではなくて
100倍以上の甘さがあるのです!

上野砂糖からのおすすめは
暑い夏にもピッタリで大活躍の「黒糖みつ」です。

特におすすめはアイスコーヒー
その名も「黒糖ミルクコーヒー」はいかがでしょうか?
市販のアイスコーヒー(無糖)にお好みで加えてください。
ガムシロップとは違ったコクある美味しさが味わえますよ。






2017年8月8日火曜日

FM OSAKA LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 8/8クイズのヒント

お盆休み直前、
今週末からお休みに入られる方も多いのではないでしょうか?

今年のお盆に是非供えていただきたい
「上野砂糖のお供えお砂糖」
お供え後も使いやすいグラニュー糖が入っています。
※落雁などと間違われる方も多いようですが
中にはグラニュー糖が入っています。

そんなグラニュー糖は
上白糖や三温糖といったお砂糖と同じ工場で
順番に作られるのです。

ヒントは見た目で判断してはいけませんよ。
三温糖は見た目にも色づているから
よりサトウキビの成分が残っているなんて思っていませんか?
違いますよ。
グラニュー糖や上白糖が作られたあとに作られるので
何度も熱を加えられたり、あえてカラメルを加えられたりして色づいているのです。

意外と誤解の多いお砂糖。

ちなみにサトウキビの成分が多く残っているお砂糖は
上野砂糖にもございます。
「きびあじ」はいかがでしょうか?
サトウキビ本来の持ち味が生かされているので
煮物などにもおすすめです。